FC2ブログ

時雨屋本店8周年


2018年10月5日で時雨屋本店は8周年を迎えました。

DolM1VbU4AISmlq.jpg

大きいサイズのはpixivへどうぞ。


色々迷走しましたねー。最初はボカロPでしたし。今もだけど。
今は小説を書くことについて、割と焦点を絞り始めました。

ではでは。
スポンサーサイト

暗き夜よ、汝の名は女なり

ということで、新作公開です。30分ぐらいでプレイし終わる、立ち絵なしのノベルゲームです。

https://novelgame.jp/games/show/1064

なんと今回、DLせずにブラウザでプレイすることが可能です。
なんとなんと、スマホでプレイも可能。さあ、スマホでこのブログを見ているキミも今すぐプレイだ!!



「続きから」でネタバレというかあとがきです。

続きを読む

If I didn't have you(魔法の剣キャメロット・Quest for Camelot)



ということで、投稿しました。
元ねたは「魔法の剣キャメロット」の挿入歌「If I didn't have you」です。


以下、英語版と日本語版の曲を聴きまくった私が気づいた小ネタ

・アニメーション映画「Quest for Camelot」のタイトルの日本訳が「魔法の剣キャメロット」。直訳すると「キャメロットへの冒険」。そして魔法の剣はエクスカリバーでありキャメロットではない。

・If I didn't have youは直訳すると「もしも君がいなかったら」。ちなみにDVDのチャプターでも日本語訳がなかったので、タイトルの日本語訳はついていないっぽい。

・原作で歌っているのはデボン&コーンウォール、日本語の吹き替えは太田光と田中裕二が担当しています。爆笑問題だね。(見た目との配役は逆だったりする

・ちなみに田中裕二はモンスターズインクでマイクの吹き替えを担当しています。同名の曲「If I didn't have you」はタイトルは同じで内容は真逆と言う。面白い。

・デボン&コーンウォールは結合双生児のドラゴン、頭は二つで手は二本、足も二本、翼も二本、左半身をデボン、右半身をコーンウォールがつかさどっているらしい。

デボン&コーンウォール

・登場シーンは、英語で「いとこ同士が結婚すべきでない理由が、私たち」(近親相姦による奇形)というブラックなジョークで自己紹介をする。主人公がドン引きする。ちなみに日本語訳、日本語吹き替えでは「まぁ、突然変異ってヤツ」になってる

・「見よこの俺様こそが、天下のドラゴンキング!」って言ってるシーンあるけど、まんまライオンキングのプライドロックのシーンが出てくる。大丈夫かワーナーブラザーズ。

・作中のアニメは、ふたりがばらばらになってダンスをするシーンがあるのだけど、ミクさんカバーでは止めておいています

・英語版だと「My Career」の「R」を巻舌で発音してるけど、日本語版だと、該当歌詞がなし。かわりに日本語の「キャメロット」の「ロ」で巻舌してるけど、英語の発音だと実はそこはL。

・体を切り離そうと、チェーンソーを持ってくるときになぜかジェイソンのマスクをかぶるパロディは原作でもある。

・パロディは拾いきれない(インディーンジョーンズパロもあるのかな。ちなみに別シーンでスーパーマンのBGMが流れるところがある)

・英語版はちょくちょくふたりの掛け合いに韻を踏んでる。I'd be a fire breathing lizard!(こんな火を吹く大恐竜)I'd be one high flying wizard!(俺はすっごい魔法使い)、ここの歌詞は、後にふたりの願いが叶う。





それでは。

消化された死



隣の家のサッチャンが
電車に飛び込みランデブー
ミンチになったサッチャンは
色も豊かな断片集
新聞記事に、テレビのマスコミ
ネットのニュースにSNSで
消化しようぜ! 楽しもうぜ!
消費しようぜ! 忘れ去ろうぜ!

テレビに映っているのは
涎も滴る新メニュー
ミンチになったさっちゃんは
誰もが待ち望んでた食材
さあ味付けはバッチリだ
口にして観想を言い合おう
なんてこった! 酷いことだ!
可哀想だ! 面白そうだ!

マイク カメラ 興味 視線 向けられ
被害者家族 かねた 加害者家族
人の噂 75日 までとか
言うね そうね 待つね 絶えて そうして

彼女 轢かれ 壊れ 哀れ 潰されて
線路 洗浄 ダイヤ 乱れ ため息を
ついた 客が 愚痴を 吐いて 乗りこむのは
"それ"が ついた 電車
さぁて その名は

死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
消化される死 死

みんなが消化してる死は
かつてはみんな生きていた
お皿の上にあるうちは
人の不幸はただのご馳走だ
さあどうやって料理しよう
どうやって味付けしてやろう
調理調整! 入手調整!
悲しもうぜ! 忘れ去ろうぜ!

「うわー」ってなりたいんだ
「可哀想」っていいたいんだ
肉を食らっていたいんだ 
骨までしゃぶってたいんだ
どんな味かも 忘れてさ
食べたことすらも忘れてさ
人の不幸だ! 美味しそうだ!
酷いことだ! そろそろ飽きた!

皿の上に 並べられているのは
愛しい 人の肉で こさえられている
料理 豪華 素敵 口を 押さえて
吐くと 言うも  食えと 無理に 押し付けて

口に 含み 前に 食べた ことのある
味と 気づき 記憶 かなた を辿り
あの時 食べた 料理 の味 思い出し
やがて "それ"と 気づく 
さぁて その名は

死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
死・死・死・死
消化される死 死

---

なんか「死」って文字がいっぱい画面に表示されるとびびるのは、私が旧石器時代の人間だからでしょう。

ちなみにサムネは「Chained to the rhythm」のリリックビデオをなんとなくイメージしたり。
曲後半でベースが暴れだすのは「椎名林檎」の「浴室」から。
あと、ずっとマイケルジャクソンの「Remember the time」を聞きながら書いてたんですが、それっぽく……ならないな……。

作中で「消化される死」って言ってるのにタイトルが「消化された死」なのは、
作中だと消化されてる途中だけど、タイトルだともう過去形に成ってるっていう意味をこめ、
てない。ただのミス。
あと「絶えて」も「耐えて」のつもりだったんだけど誤字った。

しかし、ブラウン管テレビなんてしばらく見てないな。砂嵐も過去の遺物なんだよなーーー。
テーマが「他人の死を消費する」「他人の死を食らう」から「カニバリズム」なんですが、
どーにも直接的なのは苦手なので、サムネに食物を置くのは止めました。



それでは。

流れよ我が涙、と魔法使いは言った。の所感とかメモとか。


公開から1ヶ月過ぎたので所感とか。
やー。過去最高の勢いでDLされてます。
やったね。すごいね。虎の威を借る狐だね。WIZブランド名はすごいね。ありがとうございます。
シナリオのほうも、ちらほらと感想をいただけていて、嬉しい限りです。
バグ修正・・・・・・・ちょっと待ってね・・・・・・・気力が・・・・


ちなみにツイッターでリアルタイムで進捗を呟いてた、メイキングが秒単位で終えるめずらしいゲームでもあります。
気になったら見てみてね。

メイキングオブ流れよ我が涙、と魔法使いは言った。前編
https://twitter.com/i/moments/956819694467538944

中編
https://twitter.com/i/moments/988338322874421250

後編
https://twitter.com/i/moments/988065275969847296

あと、暗号化してないので,
VXAceもってて、作業ファイルをコピーすれば普通に中が見られます。



ストーリー。
ここまで胃の痛くなるシナリオは初めて書いたし、どうしようもない話は初めてだった。
それでもう、ここまで主人公の心情に寄り添った話を書くことはないでしょう
(※この作者はゲームを完成させる度に『もう立ち絵は二度と描かない』と言っている人)

「宿屋に泊まるたびに話が進む」「本筋に関係がない」って言うのは一度やってみたかったし、
「物語の中の物語」は、千夜一夜物語みたいでなんかイイよね。まぁ過去話なんだけど。
まぁそのせいで、話聞く前にゲームクリアしちゃうプレイヤー様もちらほらいるみたいだけど…・・・。



話の元ネタ集。

その1.ラヴクラフトの「死体蘇生者ハーバードウェスト」。
これは連載されていた小説で、前回の話にちょっとだけ触れて、あらすじを紹介してから話が始まる、ちょっと変わった形式の小説でした。
で、この形式いいなーと思って、いつか使いたいなーと思っていたので採用。
迷宮探索挟むと、前回どこまで話してもらったか忘れるんですよね。

その2.カミュの「異邦人」。
主人公が物静かで、あまり感情を表に出さないタイプなのに、ラストシーンで感情を爆発させる、っていうのがすごく好きで、それっぽくしてみました。

その3.下敷きは、前ブログに書いてた「柿とタバコと死刑囚」です。
本人すらも、自分自身が怒っていることに気付いていない、っていうモチーフ。


---
では「続きから」で名前の元ネタ集とかです。

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle