FC2ブログ

ブログ引越し

ということでブログ引越ししました。(報告が遅い)
https://note.mu/nanigashigureya

このブログは、予告なしに2~3年をめどに爆破する可能性があります。
気に入ってる記事はHPのほうにうつそうかな~。

それでは。
スポンサーサイト



引越し考え中


彼は非常に不滿なのだ。
「辞めてもええのんや」と繰返して言う。
たしか、以前にも2.3回、彼はこうした事から「辞める」と騷ぎ出し、職員全部にそれをふれて周ったが、結局辞めなかつた。
あとになるとケロリとしている。ただもうカッとなると、皆の所へ行って騷ぎ立て、繰返し繰り返し愚痴を聞かせ、自己の正当と相手の不当とを認めて貰はなければ気が済まないのである。

しかし、彼はいくら腹を立てた時でも、決して自分の損になること(殴りあいをしたり、思い切って辞職したり)はしない。
今日とて、ただ、私のアパートが学校の近くにある為に、帰りに立寄って、それ程親しくもない私ではあるが、それでも一人でも多くの者に自分の正当さを認めて貰おうとしただけなのだ。

辞める心配は絶対に無い。
余り騷ぐとあとで引っ込みがつかなくなり、てれ臭い思いをせねばなるまい、との心配も彼にはない。
てれるなどという事を彼は知らないからである。
ただ、どんな場合にでも、目に見えた損だけはしないように振舞っているのは、彼の身についた本能なのであろう。

【中島敦「かめれおん日記」より】

---

ボーとしてたら読書期間が終わっていた。
かめれおん日記は好きなので、これで10個ぐらい記事かけそうですね。
ところでこういう奴いるよね。はらたつわー。

ところで、FC2ブログ、スマホで見た時の広告がガチでうざいので、引越しを考え中です。
モリモリついてきて誤クリックが多くてつらい。

それでは。

読書週間だから好きな短編小説紹介する2018 「出世/菊池寛」


読書週間に毎日ガンガン本を紹介するシリーズ第二回。
既に1日空いている気がしますが気にせずに続けます。



第二回はこちら。
出世/菊池寛

青空文庫はこちら。https://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/500_19847.html
私の初読は図書館情調でした。



とあるテーマがあって、そのテーマに沿った短編集、アンソロジーなんかを読んでいますと、戦時中ロシアの短編の次に戦国時代の日本の話が出てきたりして、脳が凄まじい混乱を起こすことがあります。
短編を読む時は非常に、脳内の舞台設定と言うのが難しいのです。
どこの時代の話?ってかどこの国の話?そもそもこの作者誰???みたいな。

そして私は、あんまり学がないようであります。
お恥ずかしながら、「下足番」って初めて見る単語でした。

が、この短編は凄まじい。
というのは、

「昔、日本の図書館では、内履き外履きを履き替える必要があったこと」
「昔、図書館には下足番という職業の人間がいたこと」
「下足を預かって、それをしまう専門の係がいたこと」
「その職業は、けして身分の高い職業ではなかったこと」
「そんな職業の人に『あなたの靴はみすぼらしすぎるから、あずかれない』といわれる主人公の境遇」

……。
というのが、知識がゼロでも、ゆっくりと読めば、一読でわかるのです。
すぐにその世界に入り込めるのです。
すなわち描写が凄まじい。
別に、主人公がくどくど説明してるわけでもないのに、です。

なおかつ、これは短編です。けして長い話じゃない。
でも、その短いお話の中に、

その時代の描写とにおいと、
主人公の境遇とうしろめたさと、
それから爽やかな読了感が、ぎゅっと詰め込まれているのです。

好きだなー。この短編。
文豪ってすげえなあ。

2017年のまとめと抱負


とゆーことで毎年やってるアレ。
ちなみに去年はこんなかんじでした。


1.二輪免許を習得しました
ついに!ねんがんのバイクの免許(MT)を手に入れたぞ!
最初は小型ATとりたいなーって思ってたんですよ。どうしてこうなった。
バイク買うかどうかは微妙ですね。日本で一番バイクのに乗るのに適さない地域に住んでるので。
乗りたかったのはSR400とかドラッグスターとかのアメリカンタイプ。SR400は生産終了しました。
でも乗ってるうちに教習車のCB400sfとかもかっこいいなーと思うように。
余裕があれば大型も取ろうと思ったんですが余裕なんてありませんでした。

「140cmの女性が大型免許取ったこともあるんです!あなたでも取れますよ!!」みたいな元気づけをされたんですが、
アレ身長じゃなくて筋力と運動神経だと思う。吉田沙保里だって156cmだからな……。
とにかく手が小さい人間なので、クラッチ(自転車のブレーキみたいにして握る)を使用するのに、左手が死にました。

あと、急制動といって、ある程度スピードを出してブレーキを級にかける練習をするんですが、
これけっこう、止まれずに壁に激突して、教習中にたまに死亡事故が起きているらしく、
「40km以上出さないでくださいね」って言われてるところで60km出したのは私です。
結構マジ死ぬかと思った。

2.旅行いっぱい行きました
名古屋、鎌倉、佐渡に行きました~。
特に鎌倉は面白かったなー。江ノ島水族館でしらす食べたあとに、生しらす丼を食べるグロさ。(小魚苦手)
でもすごいおいしかった。
佐渡は時間がなくって、あんまり観光できなかったので、また行きたいです。


3.ニンテンドースイッチ
英傑リンクはパラシェルターを装備。(ゼルダとイカをずっとやってました)
特にブレスオブザワイルドはすごい楽しかったです。ゼルダファンとしてなんか超ほこらしい。
「どうだ~~~面白いだろ~~~」って。
あと、スイッチはなぜか、ビックカメラの抽選会で倍率20倍のときに一発で当たりました。
運使い切ったかな、と思ったけどそうでもなかった。日ごろの行いがいいせいだな!!HAHAHA!!!


4.英語
くっ・・・殺せ・・・
いや、流石にこんなに英語必要になるとは思わないじゃん?
そしてわからない・・・英語力なさ杉・・・


5.キレッキレの1年
去年はメンタルがやられていたので、あんまり人に対してアクションを起せなかったのですが、
今年はリアルネット問わずいろんな人にブチ切れ案件をいくつかやらかしました。
自分はあんまり怒らない、というかめったに怒らない人間なんですが、
ぶっちゃけ一度怒らせたら終わりです。仲直りとか、許すとか、そう言う文字は私の辞書にない。
「そもそも怒らないようにする」という選択肢はないです。
流石に噛み終わった後のガムみたいな扱いされれば怒りますよ~~~えへへ~~~


まとめると、今年はインプットの1年でした。
出したゲームもかなり少ないですね。はろぶらα版と、1000文字勇者のみ。
まぁ去年の豊富が「インプットの年にしたい」だったので、だいたい目標達成でしょうか。

来年の目標は、
・アウトプット多めに
・どっか遠く行きたい
・筋肉(体重)を増やす、運動する
・楽しくゆるくやる
・あんまりストレスためないようにする


ってな感じでしょうか。
それでは。皆様、良いお年を。

秋の夢日記



劇場に居る。
赤い幕が下がっている。
これから、「美女と野獣」が始まるという。
周りはカップルだらけで、美男美女ばかりだ。
私は酷く場違いな気がした。


日本の広場にトランプ大統領から自身の像が送られたが、
この像は有事の際、目からビームが出る。
しかし、われらが日本には阿部の像もある。
この像はなんと、有事の際に自立稼動し敵をやっつける。
私と友人は、前に住んでいた家の近くの新しく出来たレストランに行き、
メニューの肉をレアにするかミディアムにするか悩んでいる。


その天体観測所の巨大な望遠鏡は、顕微鏡にもなる。
私は飼っていた鶏の羽を、弟と一緒に観察した。
バクテリアのような形をした、小さな小さな生き物がそこにはいた。
人間の目のようなモノを持ったその生き物に、
新種の生物だ、と私だけが喜んでいる。


バイク屋の店主にお前にバイクに乗る資格はないと怒られている。



ハドソン夫人が、シャーロック・ホームズの殺害計画を立てているという。
それに感づいたホームズとワトソン、そして私は地下室に身を潜めた。
ハドソン夫人は6発式リボルバーに2発弾丸をこめており、4発は空砲だという。

さて、ワトソンが席を外し、誰も知らない地下室に2人きりになったホームズと私だが、
ふと私は「ここでホームズを殺害すれば、誰にも気づかれないのではないか」という邪な感情を覚えた。
流石は名探偵、ホームズは私の感情に気付いたらしく、私は地下室から追い出された。
追い出されて私がとぼとぼ歩いていると、冷たい表情をしたハドソン夫人に出会った。
彼女は表情を変えることなく、2発の空砲を発射したあと、1発の実弾で私を撃ち殺した。

あのやろうホームズめ、と思うと同時に、
私が1発彼女の弾丸を消費させたのだから、ホームズかワトソンのどちらかは必ず助かるだろう、と安心して死んだ。



人食い虎の濡れ衣を着せられた虎を、自分の部屋に匿っている。
玄関の外では機動隊、州知事がチャイムを鳴らしている。
もう行かなくちゃ、と虎は私に言った。
私はそのまま、虎が窓から出て行くのだろうと思ったが、
虎は私にハグしてくれた。
私も虎の背に腕を回した。虎の腕は非常に重かった。
必ず帰ってくるから、と虎は言った。

そうして虎は私から離れると、
ベランダから外へとジャンプして逃げていったのだった。
同時に、玄関の戸が開かれた。


sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle