秋の夢日記



劇場に居る。
赤い幕が下がっている。
これから、「美女と野獣」が始まるという。
周りはカップルだらけで、美男美女ばかりだ。
私は酷く場違いな気がした。


日本の広場にトランプ大統領から自身の像が送られたが、
この像は有事の際、目からビームが出る。
しかし、われらが日本には阿部の像もある。
この像はなんと、有事の際に自立稼動し敵をやっつける。
私と友人は、前に住んでいた家の近くの新しく出来たレストランに行き、
メニューの肉をレアにするかミディアムにするか悩んでいる。


その天体観測所の巨大な望遠鏡は、顕微鏡にもなる。
私は飼っていた鶏の羽を、弟と一緒に観察した。
バクテリアのような形をした、小さな小さな生き物がそこにはいた。
人間の目のようなモノを持ったその生き物に、
新種の生物だ、と私だけが喜んでいる。


バイク屋の店主にお前にバイクに乗る資格はないと怒られている。



ハドソン夫人が、シャーロック・ホームズの殺害計画を立てているという。
それに感づいたホームズとワトソン、そして私は地下室に身を潜めた。
ハドソン夫人は6発式リボルバーに2発弾丸をこめており、4発は空砲だという。

さて、ワトソンが席を外し、誰も知らない地下室に2人きりになったホームズと私だが、
ふと私は「ここでホームズを殺害すれば、誰にも気づかれないのではないか」という邪な感情を覚えた。
流石は名探偵、ホームズは私の感情に気付いたらしく、私は地下室から追い出された。
追い出されて私がとぼとぼ歩いていると、冷たい表情をしたハドソン夫人に出会った。
彼女は表情を変えることなく、2発の空砲を発射したあと、1発の実弾で私を撃ち殺した。

あのやろうホームズめ、と思うと同時に、
私が1発彼女の弾丸を消費させたのだから、ホームズかワトソンのどちらかは必ず助かるだろう、と安心して死んだ。



人食い虎の濡れ衣を着せられた虎を、自分の部屋に匿っている。
玄関の外では機動隊、州知事がチャイムを鳴らしている。
もう行かなくちゃ、と虎は私に言った。
私はそのまま、虎が窓から出て行くのだろうと思ったが、
虎は私にハグしてくれた。
私も虎の背に腕を回した。虎の腕は非常に重かった。
必ず帰ってくるから、と虎は言った。

そうして虎は私から離れると、
ベランダから外へとジャンプして逃げていったのだった。
同時に、玄関の戸が開かれた。


スポンサーサイト

時雨屋本店7周年


とゆーことで、来月10月5日に、時雨屋本店はめでたく開店してから7周年を迎えます。
しかし7年もよく続いたな。
ちなみにブログ自体は10年以上やってるはずです。
移動したり記事消したりするのが好きなので、あんまりログのこってないですけど。

インターネットアーカイブとかで、当時のレイアウトとか見ると面白いですね。
紫+灰色好きはあんまり変わってないみたい。

さて、せっかく7周年なので、お祭り騒ぎのスターシステムゲームとか、
記念絵とか描きたいですね。かけたら書きます。



それでは。

廃工場の冷凍庫


昼休み、ウトウトとしていたら、唐突にそれを思い出した。
「廃工場の冷凍庫」と言う単語。
小説のタイトルである。

ずっとずっと昔。
私は小学生のころから、お話を書くのが好きだった。
ずっとずっと昔、「廃工場の冷蔵庫」という小説を書こうとした。
それを昨日、思い出した。
もう何十年も昔の記憶である。
ブラインドの向こうの、昼下がりの光を眺めていた。
どうして、こんなことを急に思い出したのだろう?

小学生のころ。
あのころの悩みと言えば、友達のことぐらいだった。
クラス替え。
せっかく仲良くなった友達と、どうして別れなければいけないのだろう?
子供のころの私は、真剣に悩んだものだ。
私は、離れてしまったクラスの友達と、遊びたかった。
だけど、それは叶わなかった。
友達は、むこうのクラスで、既に新しい友達を作っていたからである。
ずいぶんと寂しい思いをした記憶がある。

廃工場の冷凍庫。
ぽんと大脳の奥から出てきた、その単語。

中学校のころも、ずいぶんと友人の入れ代わりが激しかった気がする。
優柔不断で誰にでもいい顔をしようとする私は、
今思えばずいぶんいいように使われたものだった。

廃工場の冷凍庫。
一体、どんな内容だっただろうか?タイトルは思い出したのに、内容がまるで思い出せない。
もしかしたら、タイトルだけ考えて満足してしまった類の小説かもしれない。

廃工場の冷凍庫。
もうすぐ午後が始まる。私は立ち上がらなければいけない。

廃工場の冷凍庫。
私は目を開けた。
1つだけ、思い当たる節をみつけた。

私は、私の中の、黒くて、ドロドロとした感情を見つけた。
燃やせばよく燃えるだろう。
これはエネルギーである。


-------------------------------------------------

没にしてた記事。
広告よけ。

まぶた「開かざること山のごとし」


眼球「クソ眩しい」

耳「スズメ鳴いてる」

大脳「朝か……ゴミ出ししなきゃ」

耳「さっき清掃車の音した」

大脳「マジで」

二の腕「昨日の筋肉痛が…今日は働きたくない」

ふともも「同じく」

中脳「まだ寝てたい」

まぶた「開かざること山のごとし」

膀胱「尿意ーー!尿意ーーーー!!!」

ふともも「たぶん歩くと痛いよ」

小脳「目が痒い」

手「ウィッス」

目「こすんな!!!こすんなって!!!」

口腔「パサパサだから口ゆすぎたい」

鼻「腕、ティッシュくれ」

小脳「立ち上がるのめんどい」

膀胱「尿意ーー!尿意ーーーー!!!」

胃「朝ごはんまだ?」

大腸「特に用事ないけど動くね」

肝臓「・・・・・・・・・・・・・(沈黙の臓器)」

膀胱「尿意ーー!尿意ーーーー!!!」

大脳「さっきからうるさい」

小脳「しゃあねえ起きるか。ふとももーーーうごけーーー」

ふともも「筋肉痛無理いぃいいいいいいいぃいいい!!」

神経系「エマージェーシー!エマージェーシー!右ふともも部が攣った!!送れ!」

脊椎「ふとももが攣った!!繰り返す、ふとももが攣った!!送れ!」

小脳「足が攣ったようです。どうされますか?」

大脳「動くな、今動けば大惨事だ・・・」

膀胱「尿意ーーーーーーーーーーーーー!!!」






みたいな夢を見た。(半分現実)
こんなコピペ思い出すから

自作品のどんでんがえし度


「衝撃のラスト」とか「どんでんがえし」って、
書くだけでネタバレなんですよね。
逆に、「どんでんがえしなし」っていうのもネタバレ。

でも、逆に「衝撃のラスト」とか「どんでんがえし」の1文でプレイしたくなるのも事実。
ということで、今回はネタバレ前提で
自作品の「衝撃のラスト」度を測ってみます。

「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle