好きな短編小説


どうも、時雨屋です。

最近HPのほうで動きがない私ですが、何もしていないわけではないのです。
いろいろしています。まったく完成していないだけです。

まあ、紅白3あたりで動きがあるとでも思っていてください。
通常、エターなる(作品が未完成に終わる)のが怖いので、
造りかけのゲームの話題はしないし、
体験版とかも配布しない主義なのですが、

今回はちょっと、わけあって、負けられない戦いがある…!!!
まあ、12月を楽しみにしていてください。
今回は脊髄反射でシナリオかいてるのでアレです。
あと、臼井の会アクターを使うと、どうしてもギャグに傾くのは何ででしょう?
完成しなかったらごめんなさい。




さて、昨日は私は、ついうっかりブラクラ画像を見てしまったので、
気を紛らわすためにAVのお世話になっていました。
あ、アニマルビデオの略です。
にゃんにゃん。

しかし、やっぱり動物もふもふを見ただけではおさまらなかった。
今日は1日ブラクラ画像に支配されていました。カニバリズムはやっぱり苦手だ。



今日は好きな短編小説でも語っておきます。
長編小説より、短編を好む傾向のある私です。
理由は「飽きっぽい」からか。
あと、長編読むのすごく疲れる、ってのもある。
最近読んだ、長編小説なんだろう?
名前忘れたけど、韓国?中国?のRPGな長編小説面白かった。
なんだっけ。主人公がサムスン?だったか。題名忘れた。
なんか赤毛の女の子がなんとかこうとか。
仲間になった強い人が死ぬ。その馬をもらう。速すぎて愚痴る主人公。
相当面白かったのが宗教設定か。「はい か いいえで、なんでも真実がわかる司祭」的な人がいた。
なんだっけ。あの小説。おもいだせん。

…話を戻そう。

短編小説って、別の題名の本の名前で売られていることが多いですね。
ということで収録されている本のリンク、張っておきます。
よろしかったら読んでみてください。


①時雨鬼/宮部みゆき
http://www.youtube.com/watch?v=0X0cAF0AdVQ

HNを決定した一因である小説。
やー、もう、こういう小説大好きなんですよ。実は…しかし…本当は…?的な。
最後で、ぼかされているところもいいな。リドルストーリーってのも。
おつたさんは、かなり好きなキャラクターです。
考えてみると、一番好きなキャラクターのうちの一人かも。
宮部みゆきは、全然読んでないなぁ。
あの方、相当なゲーマーらしいですね。


②アウトサイダー/H.P.L
ご存知。outsiderって単語かすっごいかっこいい。
outside。outsider。
ちなみに、読みにくいことこの上ない。
ラヴクラフト全集3、文庫本も好きなんですが、
図書館にあって呼んだ、旧訳の「定本ラヴクラフト」のほうが、訳が好きです。
一人称が「俺」です。ちょっとだけ読みやすい。
でもアレ、たぶん絶版なんじゃないか・・・相当古いし。
あと、私は解説書見ないと物語のオチがわかりませんでした。
最後の一文でひっくり返すって、すごいよなぁ。
あ、死体安置所にて もかなり好き。
死体蘇生者ハーバード・ウェスト とかも。

③愛はさだめ、さだめは死/ティプトリー
同名のフリゲがあったので、調べて読んでみた作品。
ああ、これはすごいわ…。嘆息ものです。やべえわ…まじやべーわ…と、ミサワ並みの感嘆符しか出てきません。


④空のしるし/アガサ
アガサんの短編はどれも好きなのですが、とりわけこれはトリックがとても好きなのです。
クィン氏が一番好きな探偵だなぁ。わけのわからんやつですが。


⑤深遠の姫君/oumi(ネット小説)

シンプルだけど大好き。終わり。





パッと思いつくのはこのぐらいですね。
いろいろ読んだなぁ。あ、ポーの短編集もかなり好きです。

うーん。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle