2013年に好きになった作品など【その他編】

どうも、時雨屋です。
E-2突破をあきらめたいです。



さて。今日は前回に引き続き。
2013年に出会った中で、印象深かった、好きになった作品紹介です。
と、その前に、今年最後のブログ更新ということで
「2013年に、よかったこと、うれしかったこと」を10個ほど上げてみようかと思います。
嫌だったことも沢山ありますが、わざわざ書き出したりはしないことにします。




1.身だしなみに気を使うようになったこと
6月あたりに、連続で5本ほどビニ傘をパクられてしまい、
頭にきたので盗めないような、盗んでも目立つような真っ赤な傘を買ったところ、傘パクがピタリととまりました。
それからというものの、私の服の趣味が…かなり変わりましたね。
前は、上下真っ黒とか地味な服装が好きだったし、身だしなみなんかどうでもいいと思っていたんですが…。
服の趣味が、前に比べると相当派手になりました。(それでも人並み)
…まぁ、身だしなみに気を使えるようになったのはよいことだと思います。

2.いろんな話す機会があったこと
3年やってるHPにリンクが1件もなかった例を挙げるように、とにかくコミュニケーションというものが苦手だったんですが、
今年はおかげさまで、リアルネット問わずにいろんな人と知り合えました。
思い出したくないような恥ずかしい失敗、嫌なこと、腹の立つこと、いろいろありましたがそれでもやっぱり楽しかったです。

3.大きい病気をしなかったこと
風邪一つ引かずに1年やってこられました。感謝感謝。
あとは、家族も無事1年を超えることができました。感謝感謝。
(まぁ、そちらのほうは結構風邪引いたりしてましたが…)

4.自分の作品を、いろんなところで取り上げてもらえたところ
メールは沢山いただいたし、レビューやら実況やら沢山していただきました。
基本的に、生まれて初めて感想メールをいただいたときからテンションは変わっていないです。
いちいちベッドの上で飛び跳ねたり、反復横とびをしたりしています。
ありがとうございました。感謝感激です。すごく嬉しかったです。号泣ものです。

5.また別の視点から物事が考えられるようになったこと
読書をしていても、「いや、この作者のいってること、ここの部分は違うんじゃないか」とか、
「おお、すごい、共感できる!」とか。
あとは、「この時代の理学って、自然科学は入ってないんだよな…」とか、
ほかのジャンルの本を読んでいて、ほかのジャンルの知識を引っ張り出せるようになってきました。
これは地味に見えて、結構大きいです。

6.フリーゲーム「デンシャ」に出会えたこと
最高。

7.サーカスにいけたこと
マテンロウ計画の「人食いサーカスの魔」をやっていたら、無性にサーカスを見に行きたくなったので、
友人を引き連れていってきました。すごく楽しかったです。

8.小学生と触れ合う機会があったこと
##このコメントは検挙されました##

9.いろんな作品を完成させることができたこと
時雨屋本店の履歴を見ると、
12.01 「母なる湖は城を抱き」
05.05CWシナリオ「局外者」
03.31「名のない司書と閑話休題」
な感じになっています。良いですね。
ここに乗せていなくても、水面下でさまざまな作品を完成させることができました。感謝感謝。

10.ちょっとだけ絵がうまくなったこと

usyauaysafavb.png
(右は顔グラのみ使用なので、服は塗ってませんが)
同じキャラを書いたものです。
塗り方が換わっただけな気もしますがちょっとだけ、本当にちょっとだけうまくなってますね。
来年もがんばっていきましょう。






【本編】
好きになった本、沢山読んだ本など

思考の整理学
考え方を考える本。

ドリアン・グレイの肖像
簡易英語版に表紙が思いっきりネタバレだったんですがそれは

終わりなき夜に生まれつく
「名のない史書の閑話休題」の動画の文章部分は、洋書から自力で和訳して引用したものです。

愛はさだめ、さだめは死
沢山読んだ。エイン博士の最後の飛行とかは、3回読まないとわからなかった。

ラヴクラフト全集3
ああ!そんな!あの手は何だ!窓に!窓に!





ほかにも沢山読みましたが、こんなところでしょうか。
今年も(いろいろありましたが)いい一年でした。
来年もよろしくお願いいたします。



それでは、良いお年を。




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle