彼女は話しかけてきた


どうも、時雨屋です。

友「おかえりなさい、あなた!ご飯にする?お風呂にする?それともバンジージャンプ?」
私「じゃあお風呂に入りながらご飯食べてバンジージャンプかな」
友「変死体が出来るな…変態の死体って意味な」
私「!?」
みたいな会話をしていました。
今日も日本は平和です。

さて。
作成中ゲームは、8割がたメインシナリオが終わりました。
あとは探索の文章考えるだけだなぁ。思ったより早い。
同時進行で戦闘調整もしてます。

私、今でも食べ物の「小魚」が苦手なんですが、それは小学校のときのトラウマに由来します。
小学校でメダカを飼っていましてね。
死んだメダカを、友達が取り出してペットボトルのふたの上に置いておいたんです。

1週間後。放置してからからになったメダカの死体。ちょうどその日の給食は小魚。
以上です。未だに小魚苦手です。
何の話だっけ。そう、死体の話。ざ・ぼでぃー。

前に飼ってた犬は、すっごく頭のいい犬でした。たぶん私より頭が良かった。
まあよくある話で、今は家の庭に埋まっているんですが、
不思議なことにことあるごとに私の夢に出てきます。
1ヶ月に1度は出てきますね。必ず。

なので、もう犬が埋まって随分長い時間がたちますが、
写真もなにもしばらく見ていないのに、毛並みとか、後ろ足とわき腹の隙間の毛とか、
今でも手に取るように思い出せます。
そういうのを思い出しながらシナリオを書いています。


それでは。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle