ぼんやりとした不安


どうも、時雨屋です。
昨日更新がなかったのは、寒すぎて冬眠していたせいです。


さて。幻想列車アポトーシス。
ううむ。全体の工程からいうと、6割は終わった感じですね。
あとはイベント打ち込みと敵の強さの細かい調整。
先が見えないから後何日で完成するのかもわからない。
間に合うといいね。たぶん間に合うでしょう。
お察しのとおり、くっそ暗いわけのわからないゲームです。

やっぱりゲームで一番需要なのは
「プレイヤーが何かアクションを起こしたとき、どれだけ返せるか」
の1点に尽きると思います。これはボードゲームでもカードゲームでもTRPGでも一緒ですね。
一本道RPGを否定しているわけじゃないですよ。アレは戦闘とか装備とか町の歩き方とかも色々ありますからねぇ。
と言うか今回のゲーム、END1個しかないし。




さて。人気投票。同じく8位、同票のヴィルさん。
「ちょっと魔王さらってくる。」の一番最初に仲間になる男の魔王です。
…あれ、待って、これヒロイン投票だったんじゃなかったっけ…。

彼は一応ハーフヴァンパイアです。お父さんが吸血鬼、お母さんが人間。
黒い肌は父親から、緑の髪は母親から受け継ぎました。
出産時に母親は死亡しています。
というか、あらすじとか生い立ちは開発室とか前回の人気投票でだいぶ語った覚えがあるので略。

出産時に母体が持ちこたえた場合、母親は生存して父親は魔王になりません。
そちらが正規ルートのはずです。
ちなみに、しばらくすると黒い髪に白い肌の「ヴィルヘルミナ」という妹が出来ます。超美人。
いや、本当はバッドエンドルートにさせるつもりはなかったんですけどね。
素材見てもう見た瞬間に大体決まっちゃったんですよね。
示し合わせたかのような、黒い肌、緑の髪、絶対ヤンデレだろって言う鋭い目。

ちなみに、「緑の髪」は結構設定があります。
代々短命で子供数の多い「ヒュイル族」っていう種族がいまして、
その種族は全員緑の髪を持っており、髪の毛で光合成を行うことが出来ました。

その血統が入って、髪の毛が緑なヴィルさんです。
設定上は、ヴィルさんもその時の調子によって、髪の毛があざやかな緑になったり、黒に近い枯れた草のような色になったりします。
ヴィルさん、その気になれば光合成っぽいことできるんじゃないの?

ちなみに第2世界の王座にいるメイドさんは、先代魔王の愛人です。
妃さんと同じ緑の髪ゆえに色々あったらしい。
あの人外ばっかりのお城で唯一人間型にはそういう理由があったり。

「緑の髪」だとライラさんもそうですね。
一応は同じ「ヒュイル族」の緑色の髪を引き継いでますね。
血が薄れすぎてるので、特殊能力はなく、ただ緑なだけ。ヴィルさんとも血縁的な繋がりはありません。
通信石イベントで、「シャンさんに知り合いに似ているといわれた」みたいなことを言います。
ヴィルのお母さんのことですね。
シャンさんはヴィルもフィリアもその両親とも面識がありますから。
なんで「ちょっと魔」にシャンさんが出てこないのかは…またの機会に。

話が複雑すぎてわけがわからない。




それでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

芥川か>ぼんやりとした不安

複数エンディングが用意されていることが自由度じゃない
エンディングに至る過程なんだと
ロマサガ3が教えてくれました。
私が町長です。

ヤンデレ属性の時点でランクインは確定されていたと思います。(暴論)
やはりヒロインというには女性が強すぎるのでは…

No title

>>無言さん
ばれたか…芥川です。ヴェロナール。
ロマサガシリーズは実はやったことないんですよね。殺してでも奪い取る。な、なにをするきさまら!

ヴィルはあれですね。
そういえば開発室でメインヒロインとか、過去の私がぬかしておりました。
sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle