冷たい大理石の下に埋めた


どうも、時雨屋です。
ん?
もう2週間たちましたね。紅白の締め切りまであと7日…。
ということで、また「二週間でゲームが作れなかった」日記更新になりますね。
まぁいいや。今回2週間で終わらせる気なかったし。
締め切り直前までがんばります。

今日は、3ボスまで戦闘難易度調整が出来たところです。
あとは台詞の打ち込みですね。探索用メッセージ。
ただ、多くても20回しか出現しない台詞が、(24車両で1両1回探索)
なぜかランダムで47種類あるという恐怖。
だれがここまでやれといった。

昨日の続き。
自意識過剰かもしれませんが、やっぱり注意書きはつけることにしました。
「不安を煽る表現があります」みたいな感じのを、ちょっとだけ。

なぜかと言うと、時雨屋のこれまでのゲームを見ると、
なんか明るい女の子がギャーギャーギャグを言いながら明るいテンションで進んでいくほのぼのRPGが多く、
よーし久しぶりに新作キターと思って説明文読まずにDLしたら、
いきなり薄暗い列車に閉じ込められたギャグ皆無のシリアスで毒々しいゲームだったら泣くからです。
というかたぶん局外者でそれやった

まぁ、あれですねぇ。
本当は、このゲームのメインテーマは「アレ」にしたかったんですが、
やっぱりというかなんというか、自分の中でもやっぱり整理がついてないのでかなりボカした表現になっております。
というかこれからも整理がつくことは一生ないような気がします。
たぶんプレイすれば大体察しはつくと思います。敵の名前とかで。




えーと…人気投票の開票。
5位のクリアさん。
color:clearの主人公です。
性別不定、生い立ち不定、文字通り「真っ白な」主人公。
この人も、開発室とかでさんざん語ったことがある気がするので、別のことを。

・・・。
ホント何も決めてないんだよな、この人・・・。

…うん。
身長も体重も、美少女設定もイケメン設定もなんでもいいんだけど、
頭突きするとヴィゼールのみぞおちにクリティカルヒットするぐらいがいいなーと思っていたり。

あと、なんか一応精神病の一種をモデルにした覚えがあります。
「自分が客観的にしか見られなくなる」「感情が抜け落ちていくようだ」みたいな。なんていう病名だっけ。

その病気の人から講演を聞いたことがあります。
どこかの会社の経営者さんで、震災のときに感情がないせいで
怖いとも恐ろしいとも感じずに、避難指示がたんたんと出せて、多くの人が助かったというお話。

…アレ?感情ってないほうが楽なんじゃね?効率的だし。と思った覚えがあります。
だがしかし、周りで見ている人間は…。




それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クリアの場合は他者としても自分を見ていないような
選択肢をプレイヤーの手を通していたとはいえ選択出来る事が不思議。

感情のない人も感情が爆発しがちな人も
ある意味で人間らしい心をお持ちで。
……好きだという気持ちも鋭利な刃物になってしまうなら何故そんなものが生まれてしまったのか…なんて。

とりあえず私の局外者入りPCはそんな感じでした

No title

>>無言さん
クリアさんはなかなか難しいキャラクターですよね。私もよくわかっておりません。
感情がないと人間性も希薄になったりするんでしょうか。
友情とか愛とか善とかのきれいな感情よりもウラミとか執念とか憎しみのほうが人間らしいような気も。

No title

「自分が客観的にしか見られなくなる」だけを見ると離人かなあと思いますけど、感情が抜け落ちる…恐ろしいですね。
会社の経営者としては理想的かもしれません。

No title

>>アメさん
そうだ、離人症って名前でしたね。
たしか他の病気でも同じような症状があったような気もしますが…。別の病名も参考にした覚えがあります。
やっぱり病気は病気ですし、人間の本来あるべき精神状態じゃないのなら直したほうがいいような気もしますが、うーん。難しいですね。

No title

精神病は用語含めてたくさんあって覚えるの大変そうですよね。
原因が周囲の人間だったら、いくらカウンセリングしたって再発するリスクは高いでしょうし。
自覚するのも大変そうですよね。他人からでさえ、感情がない分優しい人だと思われる可能性もあるわけで。
……私はなりたくありませんね!

Re: No title

>>アメさん
精神病の本とか読んでると、こっちのSAN値がゴリゴリと削れてくるのが問題ですね。
精神科医とかカウンセラーの人って、本当に大変なんだろうなあ…。
感情なくなったほうが、仕事的には効率的に違いないんですが、私もやっぱりなりたくないですね!
sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle