おぼえがきがき


どうも、時雨屋です。
鬼のように砂糖を入れた吐くほど甘いコーヒーが大好きです。
友人とスタバに行ったときに、自分が砂糖を入れたコーヒーを友人に飲ませたところ、
「…コーヒーの飴の味がする」といわれたことが印象深いです。

さて、この土日はさんざんフリーゲームをやってました。
シムシティ2000が無料だよ。わっしょいわっしょい。英語だけどね。
別に調子に乗って街に原発建ててメルトダウンなんか起こしてないよ。本当だよ。

あと紅白RPG4のゲームをプレイしたりしてました。
流石に全部は出来ないので、独断と偏見で選んでおります。10プレイできればいいほうかなぁ。
個人的には、ゲーム作成し終わった後は、デバッグのし過ぎで
「RPGなんか二度とやるか」症候群にかかっているので結構腰が重いです。
結局RPGやったけど。楽しいけど。
早い段階で「ふりーむ」にあげたので、総DL数がわかって面白いですね。

ということでアポトーシスの覚書。
淡々と書いていきます。
「続きから」でどうぞ。




■幻想列車アポトーシスの覚書■
* ネタバレ注意 *


・タイトル画面の蝶は人の魂のシンボル。ちょっと調べてみましたが、
 蝶を霊魂として考えるのは東洋西洋問わないようですね。

・首吊りの紐にする予定だったけど不穏感MAXなのでやめた。

・「アポトーシス」は細胞の自然死のこと。ここらへんとか見るとわかりやすいよ。
※リンク先間違えてたので修正

・自分を細胞にたとえて、社会の必要不必要を自分で決めるなよクソ野郎、
 周りがどれだけ悲しんだと思ってるんだみたいな意味。

・「幻想列車」は「ここに存在しない列車」みたいな意味。特に意味はない。フィーリング。

・たぶん電車じゃなくて列車。きっと蒸気機関で動いてる。

・雰囲気を確かめるためにわざわざ電車に乗って雰囲気を確かめてきました。
 ちょっと前にはわざわざチケットを取ってSLにも乗ってきたり。楽しかったです。

・恐怖!乗り鉄と化しかけている時雨屋!

・参考にした短編とかは「芥川龍之介」の「蜜柑」とか。あと雰囲気的には歯車。

・元ネタは、私が昏睡してたときに見た夢。女の子が色々案内してくれました。よく覚えてないけど。

・そこは全然列車じゃなかったけどな。

・「夢の世界」の雰囲気を出すために、「本当に進んでいるのかわからない」感じで。
 あえて本編は一枚絵。戦闘画面も一緒。わざわざスクリプト探した。夢っぽく出来たかな?

・*おおっと とちゅうで ちょう あきる!*

・でも変更する気はさらさらない。

・たまには自分勝手なゲームを作りたかった。

・などと供述しており、検察などは更なる余罪を追及しています。

・敵の名前はフィーリング。一部元ネタがあるものもあるけど。

・「象は忘れない」とかは、名のない司書と閑話休題でも出ましたね

・元ネタはクリスティだよ

・ひからびた胎児は「サティ」の曲の名前だよ

・攻撃系アイテムの名前は全部「睡眠薬の名前」です。

・ぐぐりまくっていたところ、グーグル先生から「精神科への受診をおすすめします」みたいなことを言われたよ

・RPGではできない、「会話のみで進んでいかないゲーム」「第3者視点の独白」の文を書いてみたかった。
 ゲームブックっぽい文体。

・結構褒めてもらったから嬉しい。

・このゲームは「3回の繰り返し」が大きなアレになってる

・ボスが出てくるのも3度、車掌さんが繰り返す言葉も3度。

・元ネタはハムレットの狂気。「元気だ、元気だ、元気だ」みたいなアレ。

・影の台詞は鬱々MAX。きっとゲームのメインはこれ。

・ちなみに時雨屋の最古の記憶も葬式です。

・2ボスの外見元ネタは、昔飼っていた犬。

・彼女は鎖を引きちぎりやがりました。

・ふざけんな



■まとめ■

・このゲームで表現したかったのは「直接的じゃない死」。

・目の前で人が息絶えるのを見たとか、隣で家族が死んだとか、そういう直接的じゃない死。

・大切な人が死んで、10年後ぐらいに見る、悲しい夢。

・遠くに住む友人が既に死んでいた、そんなことを知ったときの悲しい夜の記憶。

・幻想列車アポトーシス。




それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title


>>
私は機嫌が良くてもドバァと入れます。豪快に。
砂糖多め、ミルクも多めが大好きですね。
自販機とかで調節が出来るやつだといつもやってます。

そして飛行機女子とは…。
sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle