アポトーシスから1年


どうも、時雨屋です。
秋の終わりから、冬の初めにかけて降る長い冷たい雨を「時雨」と言うそうです。
ふったりやんだりふったりやんだり。
私のHNの由来はこれです。

さて。
12月1日は公開しているいろんなゲームの××周年だったりします。
color:clearは3周年。
母なる湖は城を抱きは2周年。
そして、幻想列車アポトーシスは1周年です。
何でこの日にこんなに密集してるかと言うと、
この3作品は「紅白RPG合戦」に出場していたからですね。
あのお祭は、全作品の公開日が12月1日だったのです。

…さて。
color:clear3周年。
これはいいんです。もう3年か。
そりゃあ絵も上手くなるわ。小学1年生が小学4年生になる年数だ。
あの頃ペンタブおろかお絵かきソフトもなかったんだぞ。
よく立ち絵書こうと思ったな…。

凹城2周年。
うん。
なんでスクリプト使わずに自作戦闘作れると思ったんだろう。
そして、なんで作れたんだろう。どうしてあのゲーム動いてるんだろう。
実はですね。今内部データ見ても自分が何やったか全く覚えてないという。
なにあれ。


さてさて…。問題の。
幻想列車アポトーシス作ってから、もう1年なの?っていう。
感覚的にはなんか、つい先月出したようなイメージがあります。


以下ネタバレ。
折りたたんでおきます。

46750503_p3_master1200.jpg

…はい。
私も、まぁ、まだまだ若いつもりだけど、それでもそれなりに生きたので、
知人は数人既に亡くなっております。
…それで。

別に知人が目の前で死んだわけじゃないんですよ。
テロリストに銃で頭をぶち抜かれたとか。
ばーっと通ったトラックが君を引きずって泣き叫んだとか。
そういうドラマチックな直接的な死を経験したことは、私はないです。
そして、私がこのゲームを作る直前に、誰かが亡くなったりしたわけでもないです。

だけれども。
誰かが亡くなって、悲しんで、泣いて、ティッシュ箱を一晩で一箱ぐらい消費して、
ようやく泣きつかれて寝て、
次の朝が来て、
次の週もやってきて、
次の月もやってきて。

やっと「その人」がいない生活にも慣れてきて、
でも心のどこかにしこりがあるような気がして、
それでたまに夜に思い出して泣いたりして、

それからずっとずっとたって、
ようやく日常の中で笑えるようになってきて、
だんだんその人を思い出さない日もぽつぽつと現れ始めて、
思い出すよりも思い出さない日のほうが増えてきて、
それから何千回も日が上って、何千回も同じように沈んだとき、
何年も何年もたったとき、

ある夜にふと思い出す。

そういうイメージのゲームです。
雰囲気ゲーです。それ以上でも、それ以下でもない。



ここからは私自身の話。

…それで驚いたんですが。
私が『幻想列車アポトーシス』を作ってから1年たったんですね。
「まだ1年しかたっていないんですね」
このセリフは、こういうイメージが近いです。
「まだ、あの人が亡くなって1年しかたっていないんですね。」
みたいな。



テンション的には去年と何も変わってないんです、その件に関して、私。
なにも精神的回復がない。
何も乗り越えられてない。
悲しみが浅くなったわけでも、かといって深くなったわけでもない。

ご老人や、いろんな死を経験されて来た方から見れば、
私の死の価値観なんて、鼻で笑われるレベルのものであると思うし、
私がもっと年老いたときも、未来の私に「この程度の死の経験でwww」と笑われそうな気もするのです。

…だけど。
今の私の気持ちは、こういう気持ちなのです。
それは変わりようがない。
変化していくかもしれない。
だけど、今は今。
あの時、私はとても悲しかった。
これからもずっと悲しいだろう。
変わっていくものと変わらないものと。
わかるものとわからないものと。


画像はpixivのチャーさんからいただきました。
アポトーシスのときにも素材借りたり。ありがとうございました。



・・・。



ああ。
なんか暗い文章になってしまった。
大丈夫です私は元気です。なんら変わりもありません。
ルナさんのおっぱい。
アイリスさんはぺったんこ。だがそれがいい。




それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

瞼を閉じればすぐそこにある距離で、
だけど手を伸ばしても届かない。
幻じゃなくて、夢じゃなくて。
思い出として輝く君と生きていこう。
そう、君は…
シャンさんの虚っぱい…

……最近ほんと下らないことしか思いつかない
だもんでよく弾かれるんですよね、やはり自重するべきか…

No title

>>無言さん

いまではもうおもいだせない、たいせつなこと。
ああ・・・シャンさんの虚乳…。

弾かれるんですか。禁止ワードは特に設定してなかった筈だけど…私のATフィールドのせいでしょうか。
sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle