FC2ブログ

暗き夜よ、汝の名は女なり

ということで、新作公開です。30分ぐらいでプレイし終わる、立ち絵なしのノベルゲームです。

https://novelgame.jp/games/show/1064

なんと今回、DLせずにブラウザでプレイすることが可能です。
なんとなんと、スマホでプレイも可能。さあ、スマホでこのブログを見ているキミも今すぐプレイだ!!



「続きから」でネタバレというかあとがきです。

---


「暗き夜よ、汝の名は女なり」ですが、タイトルの元ネタは、シェイクスピアの「弱きものよ、汝の名は女なり」です。
ハムレットですね。最近「、」を挟むタイトル多いな。

さて、今回の作品は「ファタモルセブンスコートみたいな、スターシステムの現代パロディやりたいなー」と思って作ったゲームなので、登場人物全てに元ネタというか、モデルがいます。

もともとはこのゲーム、「時雨屋本店7周年記念」で、いろんなキャラが出てくるゲームの予定で作ったのですが、
あまりにも暗くて重いのでお流れになったんですよね。
あと、当時はティラノビルダーを知らなくて、「ツクールでノベルゲー作ってもな……かといって吉里吉里だと、ゲージの表示ができねえんだよな……」と思って、それもお蔵入りの一員でした。

さて、それでは元ネタ集。
たまに元となった過去作のネタバレがあります。

---


1人目の女性、自殺未遂未遂女子高生。
こちらのモデルは「ちょっと魔王さらってくる。」のフィリアさんです。
ってゆーかあのRPGだと一切触れてないんですが、フィリアさんって実は消極的な自殺願望もちなんですよね。
彼女の話に出てくる「養父」はフェザードさんのことじゃないですかね(適当)。

言うまでもないですが、彼女が主人公を見てビビッているのは、逃走中の犯人が目の前に現れたからです。


2人目の女性。タバコを吸うスーツの女性。
この人のモデルは「母なる湖は城を抱き」の水蓮さんです。
地の文に「黒い布を顔に貼り付けたような」っていうのは、まんま102さんの描写ですね。

原作では、彼女は「ラスボスのクローン体」にもかかわらず主人公に味方してくれて、
なおかつ「私はお前(ラスボス)のようにはならない!」と言い切る女性です。
そして、ラスボスと自分の差異にも深く悩むキャラでもある。

あと、「暗き夜よ、汝の名は女なり」に出てくる登場人物の中で唯一、主人公の顔を見られないキャラです。
(=主人公がテレビに出ていることに気づかない)



3人目。旦那帰りを待つ妊婦。
モデルは「名のない司書と閑話休題」のナナさんです。
このヒトについては特に言うことないかな……だいぶアレンジしてるし。でもまぁ、原作の彼女もだいぶ意志が弱いと言うか、流されているキャラでもありますが。
それに、原作だと旦那は絶対浮気しないタイプだしな……。まぁおパロディと言うことにしておいてください。

「旦那さん、事件に巻き込まれてないといいな」と言われてますが、ばっちり巻き込まれてます。だから帰りが遅いのです。
逃げていった男がこのヒトです。ばっちり浮気してます。
この妊婦さん、かなり「流されていく」という言葉を口にしますが、ちょっとだけ流産のイメージが入ってしまったのが、ちょっと心残りです。別の言葉にすればよかったかな。


4人目。ギターを持った女。
モデルは「流れよ我が涙、と魔法使いは言った」のランタナさん。
ぶっちゃけ誰でも良かったんですけどね。「話を聞いてくれる」ポジションなので、ランタナさんが良いかなと思いました。
「漢字弱くってさぁ」のセリフは、原作の彼女がまだ文字が読めないところから。
「補導される」とか言ってるので、まだ未成年なのでしょう。
ちなみに「巨大なギターを持った」と表示されますが、ギターの大きさは一つしかないので、彼女が小柄なだけでしょう。



さて、最後、
主人公の男は「ユーラルーム」のヴィクター君がモデルです。
「自分の女を汚したタバコを自分で吸う」っていうモチーフ。

その場にとどまると、警察に見つかり(赤いゲージは手配度ゲージ)、
あんまりにもタバコを吸わないと幻覚をみてSAN値チェックが入り発狂(青いゲージは正気度ゲージ)
っていうのですが、本編で全然説明できませんでした。


彼女役は、配役的にはユーラルームのはずですが、白い腕のみの出演。
原作でもヴィクター君(?)にころころされるENDがありますしね。
(でも、原作の彼女は浮気なんてしないだろうな……)



---

それでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle