FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書週間だから好きな短編小説紹介する2018 「秘密/谷崎潤一郎」


読書週間に毎日ガンガン本を紹介するシリーズ第四回は
秘密/谷崎潤一郎です。

青空文庫はこちら。 http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=57349
(ルビが多く青空文庫は読みにくいので、青空 in Browsers(縦書き)をおススメします)
私の初読は百年文庫「妖」でした。




さて。

……。

…………。

………………。

谷崎大先生の短編をどういう風に紹介するのかをずっと考えていたんですが、
ここの短編に書かれているのは……なんていうか……
ただ単の性的倒錯だけではなく……何というか……ええと……。

まぁいいや読書感想文なんだから、好きなように書けば。



あらすじ。
女装した男性が、
目隠しされながら女性と逢瀬を重ねる話。

あらすじが酷い。

なんというか、男性が女装するときの決め細やかな感情、手順、化粧方法について、
それから外に出た後の興奮、通行人の視線……などが、素晴らしい日本語と文章力でかかれており、
正直ドン引きです。なんやねんこれ。
谷崎先生、あなた女装して街に出たことあるんでしょう実は?




この短編に書かれているのは、真の意味でもマゾヒズムだと思います。
マゾヒズムというのは、ただ痛いのが好き、束縛されるのが好き、性的趣向ではありません。

束縛されている状態、何も出来ない状態であるときに
「実は本気を出せば立場逆転できるんだよね」ってコッソリ思っているのが、マゾヒズムの真髄。
劣勢いようと、『優勢に転ずることが出来る』と思考すること。
「こんな状態からすぐに脱却してやる」「脱却できるんだ」と思考すること。
それがマゾの真髄。
ただ単に痛めつけられて喜んでいるだけがマゾヒズムの真髄ではありません。
……って文を読んだ覚えがあるんだけど、出展どこだか忘れちゃった。

故に、生粋のマゾは、基本的に男性です。
逢瀬のときに、肉体的にも、精神的にも、優位の状態ではなければ、マゾとしての快感を得られないのです。

……?
あれ?なんか話ずれてるな?



この短編の作品中に、この主人公がマゾだという文章は一言も出てきませんし、
ハードでアレなシーンが出てくるわけではありません。せいぜいで目隠しされている程度。(それでもアレだけど)
が、それでもこの主人公は生粋のマゾ男でしょう。
なぜなら、「この自分に劣勢な状態から、いつでも優勢な状態へと逆転できる」と知っているからです。
T女が弱みを握り、場所を指定し、彼女が主人公を、そして全てを支配しているしているように見えるのですが、事実は逆なのです。
全てを支配し、鍵を握り、状況をいつでも打破し、全てを壊せるのは彼。

そして、事実、物語の最後、彼はそうします。




……。
どうしてこんな話になった。

しかしこの主人公、かなりクズっぽい香りがするんですがどうなんでしょうね。
あと、最後の一文も不穏です。彼、これから犯罪とか犯したりしないだろうなぁ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

時雨屋

Author:時雨屋
好きな食べ物はプリンです。

・カウンター・

カウンター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。